女性

早漏の定義と改善方法

早漏の定義と改善方法 早漏(以下PE)とは、脳内に存在する筋繊維であるシナプス間を介在している物質である神経伝達物質セロトニン(以下、5-HT)が不足する事で起こる事が原因の一つとして考えられており、男性の方の絶頂はこの物質とノルアドレナリンの二種類が必要であり、ノルアドレナリンは交感神経を優位に働かせる作用も持ち、この神経は射精に欠かす事が出来ないものであり、反対に副交感神経は硬度を高め陰茎を硬くする為に優位に働く神経とされています。
この物質と5-HTの均衡が保たれる事で一定の時間射精を我慢する事が出来ますが、5-HTの不足により交感神経が働きを強てしまう事で抑制する事が出来なくなる事が原因で本人の意志では操作する事が出来ない状態に陥りPEを発症するとされており、この分泌量を決めるのはトランスポーターすなわち受容体の数によって決まるものであり、これは遺伝的なものであり言い換えれば先天的に決定しており人によってその数は異なり、日本人でこの数が多いのは全体の3%しかいないとも言われ、発症の確率は高いとされています。
また5-HTは1秒間で約三回の頻度で常に分泌されており、不足する事はそれだけ射精までにかかる時間を早める事に繋がり、言い換えればこの物質の働きは交感神経が優位に働き過ぎてしまう事を防ぐ作用を持ち、本人の力だけではあがなう事が出来ないので改善方法として物質を補う為の抗うつ剤と投与により再び物質同士の均衡が保てる状態へ導き、PEの改善を行う方法となります。
代表的な薬剤にSSRIという分類の抗うつ剤があり、ダポキセチンを用いる事で5-HTが再取り込みされてしまう事を防ぎ、シナプス間の濃度を高める事ができ交換神経優位の状態を改善する事が出来る為、約三倍程持続力を高める事ができ一定の時間、ある程度本人の意志で射精を操作する事が出来る様になります。
抗うつ剤でPEへの有効性が確認されているのはダポキセチンのみとなるので個人で他の薬剤を早漏の改善方法とし使用する事は安全性も確認されていないので決して行わない様にして下さい。